JouleLifeを続けるコツ - DAY2

スマホを操作する女性

 

1. 目標達成率を確認する

アプリを使い始めた2日目、アプリを起動してまずはダッシュボードを開いてみましょう。

ページの中央にはあなたが1日で消費すべきカロリー数が表示されています。

一方で、ページ下部では目標カロリー数値を消費しきるための健康アドバイスが1日4回配信されています。

DAY2の一番最初にやってほしいことは、健康アドバイスにて前日の消費カロリー量の目標達成率を確認することです。

目標達成率を見る習慣が付くと、普段の生活でカロリー消費を意識できるようになり、毎日の生活習慣を少しずつ改善していけるものです。

そうなれば自ずと理想の体型に近づいていきます。

ココがポイント

健康アドバイスをチェックして、毎日の目標達成率を確認するクセを付ける

 

2. アクティビティを1つ決める

JouleLifeには、現在、100を超えるアクティビティが用意されています。

この中の日常生活のカテゴリから自分の生活サイクルに合いそうなアクティビティを1つ決めてみてください。(※徒歩アクティビティは除く)

例えば、普段の通勤に最寄り駅まで自電車を利用する人は「自転車」、といった具合に選べばOKです。

実際に自転車を使った日にはできるだけアクティビティ登録するように心掛けてください。

こうすると、普段からアクティビティを登録する機会を増やせます。

何より、普段何気なくやっていることでもきちんとカロリーが消費されていることが実感できるようになります。

そして、この実感を掴んでから登録するアクティビティをコツコツと増やすようにしていくだけで、毎日の目標カロリー消費量の達成に向けて自然体で前向きに取り組めるようになります。

とは言っても毎日の全てのアクティビティを登録しなくてはと気負う必要は全くありません。

アクティビティを登録していない時間帯の活動量は、過去7日分の活動量をベースにアプリが自動推定補正します。

自分が好むアクティビティを無理のない範囲で登録してください。

ココがポイント

馴染みのあるアクティビティを1つ決めて登録のクセを付け、カロリー消費の実感を掴む

 

3.「履歴」機能を活用する

アクティビティの履歴機能はアカウント登録すると利用できる機能です。

履歴機能の使い勝手が分からない方も多くいると思いますので、利用イメージの動画をご紹介します。

 

なお、アカウントを登録しておくと、履歴機能の利用に加えて、スマホの機種変更時などのタイミングがあっても、今までJouleLieに登録していたデータをすべてそのまま新しいスマホでも引き継いで利用できるようになります。

履歴機能が少しでも気になった方は、ぜひアカウント登録をお済ませください!

ココがポイント

アクティビティの履歴機能やデータ消失を防ぐためにアカウントを登録する

 

 

> JouleLifeを続けるコツ - DAY1
> JouleLifeを続けるコツ - DAY2
> JouleLifeを続けるコツ - DAY7

 

JouleLifeの使い方

  JouleLifeの使い方 JouleLife(ジュールライフ)の使い方や3日坊主にならないためのコツを紹介します。 JouleLifeを続けるコツ - DAY1 JouleLifeを続 ...

続きを見る

 

© 2020 ヘルスハッカー