体組成計とスマホのWi-Fi連携について。WiFi連携のメリットとおすすめ体組成計もご紹介

Wi-Fiによるスマホ連携が可能な体組成計について解説します。体組成計はWi-FiやBluetoothといった通信方法によって体組成計の測定結果を簡単に記録することが可能になります。Wi-Fiでのスマホ連携が可能なおすすめの体組成計と専用アプリについても説明しますので、スマホ連携が可能な体組成計の使用に悩んでいる人は参考にしてみてください。

スマホと体組成計を連携設定する女性

体組成計とスマホは連携可能?

体組成計のスマホ連携について説明します。体組成計とスマホは連携できるのでしょうか。連携によってできるどのようなことを行えるのかもお教えします。

体組成計とスマホは連携可能

体組成計は、スマホと連携できます。体組成計がスマホ連携することで、体組成計を使用して行った体組成測定の結果をスマホから確認して管理できます。

連携するスマホには、使用する体組成計に対応した専用アプリをダウンロードしておくことで、体組成データがアプリに記録されることとなります。

体組成計とスマホの連携でできること

体組成計がスマホと連携することでできるようになることを説明します。スマホ連携が可能な体組成計を使用することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

スマホ連携が可能な体組成計の使用を検討している方は、まずは体組成計のスマホ連携のメリットを確認しましょう。

測定した日々の体組成データを一括管理

体組成計とスマホが連携することで、体組成の測定データを全て一括でスマホ内にて管理できます。多くの体組成管理アプリでは、体組成測定を行った時点で測定データがアプリに自動転送されるため、記録する手間がかかりません。

また、スマホに専用アプリをダウンロードするだけで、アプリによっては測定データをグラフで確認できます。グラフで過去の数値との推移が分かること、体の変化に気付けて非常に便利です。

今後への活用

体組成データがスマホに転送されることで、過去の体のケアの効果が分かり、そこから今後どのようなケアを行うべきかが分かります。

例えば、トレーニングと同時に体組成測定を行い、日常的にスマホ内に測定数値を記録しておくことで、過去のトレーニングの効果を知ることができます。また、今後どのような部分を鍛えるべきか、トレーニングの計画を立てる際に活用できます。

ストーリー仕立てのアプリもある

ストーリー仕立てのアプリで体組成データを管理することで、モチベーションを保つ際に活用できるものがあります。

体組成計のブランドによっては、単に体組成の測定データを記録するためのアプリの他に、ダイエットなどのモチベーションを保つために工夫されたアプリがあり、効果的に活用することで自身の体組成管理に活かせます。

例えば、アプリ内で体組成数値の変動に合わせてストーリーが進み、イケメンキャラクターがダイエットのサポートをしてくれるものや、キャラクターをイケメンに育て上げる際のトレーニングを自身も行うことで、結果的に自身のトレーニングに繋げられるものなどがあります。

iPhoneヘルスケアとの情報共有が可能

アプリによっては、iOSの「ヘルスケア」と情報を連携できるアプリがあります。iPhoneに必ずインストールされているヘルスケアアプリでは、歩数計測を行うことができるため、このような情報を体組成管理アプリと共有することで、1日の活動量を知ることができ、便利です。

体組成計とスマホのWi-Fi連携

体組成計とスマホの連携にはWi-Fiの他にBluetoothによる通信方法があります。スマホ連携が可能な体組成計は主に以下の3種類に分かれています。

  • Bluetoothのみ対応
  • Wi-FiとBluetoothの両方に対応
  • Wi-Fiのみ対応

以下ではWi-FiとBluetoothの2種類の通信方法について、それぞれ解説します。

Wi-Fi

まずは、Wi-Fiによる体組成計とスマホの連携について解説します。Wi-Fi連携を使用することでiPhoneやAndroidに測定データが自動転送されるスマホ連携ですが、他にどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

体組成計とスマホを連携させる前に、一度確認しておきましょう。

メリット

Wi-Fiによる体組成計とスマホの連携は、測定の度に体組成計とスマホを連携させる手間がかからないメリットがあります。

Wi-Fi通信の場合、無線LAN経由で体組成計とスマホの連携が行われます。そのため、測定を行うだけで無線LANを経由してネット上のサーバーに自動的に体組成データが送られ、スマホアプリ内にデータが転送されることとなります。

デメリット

Wi-Fi通信の場合、Wi-Fi環境のない場所では体組成計と連携させることができなデメリットがあります。

現在Wi-Fiを使用している場合でも、携帯電話の契約プランの変更によってWi-Fiが不要になり解約してしまった場合には、体組成計とスマホを連携させることができません。

Bluetoothでの連携も可能

体組成計はBluetooth通信によるスマホ連携も可能です。Bluetooth通信による連携を行う際には、測定の度にスマホと体組成計をペアリングする必要があり、手間がかかるデメリットがありますが、Wi-Fi環境下でなくても使用できるメリットがあります。

例えば、OMRON(オムロン)の体組成管理アプリでは、Bluetoothによる体組成計との連携によって測定データを管理することができます。

体組成計の機種によって対応している通信方法が異なるため、購入前にきちんと確認することが大切です。

参考:OMRON connect(オムロン) (オムロン公式サイト)

Wi-Fi連携によって記録可能な主な測定項目

ここからは、Wi-Fiによる体組成計とスマホ連携を行う際に記録することができる主要な測定項目をお教えします。体組成計を使用して以下の項目が自動でスマホに記録されることで、体の詳細な情報を知ることができて非常に便利です。

体重

体組成計で計測した体重は、スマホ内に記録することができます。体重は他の体組成数値を知る際にも必要となる数値で、体について知る際の基本的な情報です。

体脂肪率

体組成計で測定した体脂肪率も、アプリに記録することができます。体脂肪率とは、体重に対する脂肪量が占める割合のことです。体脂肪率が高いことで肥満となり、ダイエットを行う際に重要な数値となります。

BMI

BMIとは、体の肥満度が分かる数値のことです。身長の二乗で体重を割ることで算出することができます。日本肥満学会による健康的なBMIは「22」とされているため、測定の際の参考にしてみましょう。

基礎代謝

スマホアプリ内には、基礎代謝量を記録することができます。基礎代謝とは消費するエネルギー量のことです。基礎代謝量が高いことで消費エネルギー量が増えるため、脂肪を燃やしやすい体となり、太りにくい体を作ることができます。

筋肉量

体組成計を使用して計測した筋肉量が、スマホアプリ内に自動転送されます。筋肉量は基礎代謝や体脂肪率など様々な体組成数値と関係しており、筋肉量が多いことで引き締まった体を手に入れることができます。

例えば、健康的なダイエットを行う際には体脂肪率を下げて筋肉量を増やす必要がありますが、日常的に測定した筋肉量をアプリ内に記録できることで、過去との比較や今後のトレーニングに活かせます。

推定骨量

アプリ内では、体組成計を使用して計測した推定骨量を管理できます。骨量とは、骨の中のカルシウムなどのミネラル量のことで、加齢とともに減少する傾向にあります。

Wi-Fi通信によって連携可能なアプリ

Wi-Fi連携によって使用可能になる体組成データの管理アプリをご紹介します。スマホ連携を行って、体組成計での測定データを便利に管理したい方は、以下のアプリなどを使用して体組成データを管理できます。参考にしてみましょう。

TANITA(タニタ):Health Planet

スマホ連携が可能なTANITA(タニタ)の体組成計を使用すると、「Health Planet」というアプリ内で体組成データを管理できます。

Health Planetでは、体重・体脂肪などのデータをグラフ管理や、体組成データをSNSサイトにも反映させることが可能です。パソコン・スマートフォンのどちらのデバイスからも確認でき、測定データの自動転送にも対応しています。

参考:Health Planet(タニタ公式サイト)

TANITA(タニタ):シェイプアップ応援ゲーム ねんしょう! for Girls TANITA

TANITA(タニタ)の体組成計を使用して測定した体組成データは、ストーリー形式のゲームアプリで管理することができます。

「ねんしょう! for Girls」とは、恋愛アドベンチャーフィットネスアプリです。体組成データがアプリ内に送信され、キャラクターのアドバイスやコメントなどによってダイエットを行う際のモチベーションを保つのに活用できます。

参考:シェイプアップ応援ゲーム ねんしょう! for Girls(Apple Store)

Wi-Fi連携による測定結果記録の注意点

Wi-Fiを使用した体組成計とスマホの連携を行い、体組成データを記録する際の注意点をお教えします。Wi-Fiでのスマホ連携を行おうとしている方は、利用を開始する前に確認しておきましょう。

登録可能人数

スマホ連携が可能な体組成計の利用を開始する前には、登録可能人数を確認する必要があります。

登録可能人数とは、体組成計内に登録することができる測定者データの人数のことです。測定者データとは、測定者の年齢や性別、身長といったデータのことで、事前に登録しておくことで測定の度にデータを入力する手間がかからなくなります。

体組成計によってこの人数は異なり、家族などの大人数での使用を検討している方は確認しておきましょう。

数値の変動

体組成計を利用する際の注意点の2点目として、体組成計での測定結果の変動可能性があります。

体組成計の多くは体内に微弱の電流を流し、体内組織の電気抵抗によって体組成の測定が行われます。体内の電流の流れやすさは体水分量に影響されて大きく異なるため、測定結果は変動する可能性があります。

データ保存量

体組成計本体内に保存可能なデータ容量に限りがある点にも注意が必要です。

体組成計によっては、測定データを過去数回分だけ保存しておけるものがありますが、保存可能なデータ容量には限界があります。そのため、スマホ連携を行わない期間に測定したデータを体組成計内で一旦保存しておこうと思っても、ある程度限定された測定データ分しか残しておけません。

Wi-Fi連携対応の体重・体組成計

Wi-Fiでのスマホ連携に対応している、2018年に人気だったおすすめの体重計・体組成計をご紹介します。Wi-Fiでのスマホ連携が可能なことで、Wi-Fi環境下にあるだけで、測定の度にペアリングの手間がかからず、非常に便利です。

パナソニックの体組成計はBluetoothによるスマホ連携が可能なものはありますが、Wi-Fi通信による連携を行うことはできません。

JouleLife:JL-101

国内27万ダウンロードを誇る人気の健康管理アプリサービスを提供するJouleLifeの体組成計です。JouleLifeの体組成計では、スマホ連携によってアプリから以下の機能を利用することができます。

  1. 登録人数が無制限
  2. カロリー管理
  3. アクティビティ管理
  4. 健康アドバイス
  5. お役立ちコラム

体組成データの管理はもちろん、カロリーやアクティビティの管理もアプリ内で行えます。健康を維持するためのアドバイスやコラムを読むことができるため、体のケアに関する情報を知ることができます。

また、JouleLifeの体組成計では、「JouleLifeプライム」として月額180円、もしくは年間1,800円のどちらかを選択する有料会員プランがあります。プライム会員になることで専門家によるオンラインダイエット相談を行うことができ、今後のケアの際の参考にできます。

jouelelifeの体組成計

JOULELIFEショップ

TANITA(タニタ):BC-508

TANITA(タニタ)でWi-Fi連携が可能な体組成計です。TANITAの体組成計では、測定結果が「Health Planet」に自動転送されます。

  1. 登録人数は4人まで
  2. SNSへの反映が可能
  3. 歩数記録が可能
  4. PC・スマートフォン・携帯電話での管理が可能

BC-508では、体組成計内に4人までしかデータ登録を行うことができません。しかし、SNSへの体組成データの共有が簡単なこと、歩数記録が可能なメリットがあります。歩数が分かることで一日の活動量が分かり、便利です。

また、PC・スマートフォン・携帯電話といった様々なデバイスから体組成数値を確認することができるため、幅広い利用者が利用できます。

ただし、TANITAの公式オンラインストア、「からだカルテショップ」のみの取り扱いとなっているため、購入の際は注意が必要です。

参考:Health Planet(タニタ公式サイト)

OMRON(オムロン):HBF-253

OMRON(オムロン)のWi-Fi連携可能な体組成計では、「WM(わたしムーヴ)アプリ」に自動転送されることとなります。

  1. 登録人数は4人まで
  2. 自動認識機能
  3. 体重引き算機能
  4. 4秒のスピード測定

HBF-253では、従来データが送信されていた「ウェルネスリンク」のサービス提供の終了に伴って、「WM(わたしムーヴ)アプリ」にて体組成管理が可能になりました。

HBF-253Wは、測定者が体組成計に乗るだけで登録されたデータの中から測定者を判定して約4秒で体組成測定を完了することができます。また、体重引き算機能によって、赤ちゃんを抱っこして赤ちゃんの体重測定を行うことができる便利機能も搭載されています。

家族で健康資産を形成するために活用でき、非常に便利です。


HBF-253

ECLEAR:HCS-WFS01

ECLEARの体組成計の中のWi-Fi連携が可能なシリーズです。

  1. 登録人数は4人まで
  2. 体積推定方式
  3. カーペット脚付き

筑波大学との提携による体積推定方式と言われる体組成測定を行えます。体積推定方式とは、MRI測定の技術を活用して腹部全体の写真から内臓脂肪を算出する方法です。

専用アプリ「ECLEAR APP」を使用して、全項目と目標体重を一画面で管理することができます。また、過去のデータや週・月ごとの平均値も確認できるため、体型の変化をより把握しやすくなります。

また、カーペットなどの柔らかい場所でも計測可能なように、カーペット脚が付いています。


HCS-WFS01

Withings:Body+

フランスの健康機器メーカーブランドです。Withingsでは、体重計としての機能のみを持つ「Body」というものと、体組成計である「Body+」があります。

  1. 登録人数は8人まで
  2. 5項目の測定
  3. スクリーンに直近の体重測定結果のグラフが表示
  4. 妊娠中の体重増加が正確かを判断

Body+では、測定項目が体重・体脂肪率・筋肉量・体水分・骨量の5項目に限定されており、シンプルな造りとなっています。体重については体組成計のディスプレイに過去8回の測定結果の推移グラフが表示され、現状把握や傾向を掴む際に役立てることができます。

「Withings Health Mate」という専用アプリと連携することで、体組成の測定データはもちろん、睡眠時間や質、アクティビティについても確認でき、体にまつわる情報を総合的に管理することができます。

Withings Health Mateでは、ベビーモードとして赤ちゃんの健康データを入力して管理できるほか、妊娠中の方の体重変動を記録して正確かどうかを知ることもできます。体組成計本体に8人まで登録できるため、大人数で使用できて便利です。


Body+

SoftBank(ソフトバンク):スマート体組成計2

大手通信会社であるSoftbank(ソフトバンク)が提供する体組成計サービスです。Softbankの体組成計には2種類あり、「301SI」と最新の「スマート体組成計2」があります。以下では最新のスマート体組成計2の情報です。

  1. 登録人数は4人まで
  2. 9項目の測定が可能
  3. アラーム機能
  4. 育成ゲーム機能
  5. Tポイントが貯まる

スマート体組成計2では、「パーソナルカラダサポート」という専用アプリを使用することで、9項目の体組成データを簡単に管理することができ、自身の健康管理に活かせます。

主要測定項目に加えて骨格筋スコアを知ることができます。毎日の体組成測定を忘れないために、アラームを設定でき、継続的な体組成測定の際に便利です。また、育成ゲーム機能では体組成数値の変動に応じて体組成計内のキャラクターを育成でき、モチベーションを保つ際に役立てられます。

パーソナルカラダサポートでは、体組成測定と同時にTポイントが貯められます。

スマート体組成計2(ソフトバンク公式サイト)

Bluetooth対応の体組成計

次に、Bluetooth通信に対応している体組成計をご紹介します。ペアリングの手間がかかりますが、Wi-Fi環境下になくても通信することができるメリットがあります。

Bluetooth連携によって体組成数値を管理したい方は、参考にしてみてください。

TANITA(タニタ):InnerscanDUAL RD-800

TANITA(タニタ)の最新技術が詰め込まれた体組成計です。

  1. 登録人数は4人まで
  2. 26項目もの測定が可能
  3. デュアル周波数による計測
  4. 筋質測定が可能
  5. 左右部位別測定が可能
  6. 脈拍測定が可能

InnerscanDUAL RD-800では、医療分野で採用されていた、測定精度の高い「デュアル周波数」という2種類の周波数を利用した測定方法が採用されています。筋肉の質である「筋質」の計測を行うことができ、両腕・両脚・体幹といった左右の部位別測定が可能です。より正確な体組成数値を知ることができます。

また、体組成計測に加えて脈拍測定が可能となっています。TANITAの体組成管理専用アプリ、「Health Planet」で測定した平常時の脈拍数から自動的に運動時の脈拍数が推定されます。


InnerscanDUAL RD-800

OMRON(オムロン):HBF-227T

OMRON(オムロン)の体組成計です。

  1. 登録人数は4人まで
  2. 7項目の測定が可能
  3. 自動認識機能
  4. 大きな文字表示

「OMRON connect(オムロン コネクト)」というアプリと連携することができます。体組成計に乗るだけで測定者を判定する自動認識機能が搭載されており、非常に便利です。

体組成計のディスプレイに表示される文字が大きく、立ったままでも測定結果を確認することができます。


HBF-227T

AILUKI

AILUKIの体組成計です。

  1. 登録人数は10人まで
  2. 17項目の測定が可能
  3. USB充電式
  4. iOSヘルスケアとの連携

電池が不要で、1時間の充電で60日から90日の使用が可能となっています。測定項目が17と非常に多く、蛋白率や体年齢、タンパク質量などを計測することができます。

専用アプリ「AIFit」をダウンロードして、アプリを起動しながら体組成計にて計測を行うと、測定されている体組成数値をモニタリングすることができます。また、iOSのヘルスケアと連携することもできるため、計測された歩数も一括で管理することができます。


AILUKI

multifun

multifunの体組成計には、以下の特徴があります。

  1. 登録人数は無制限
  2. 13項目の測定が可能
  3. 自動識別機能
  4. iOSヘルスケアとの連携が可能

登録人数に制限がなく、複数人での利用に最適です。測定項目が13と非常に多く、タンパク質や皮下脂肪、除脂肪体重を計測できます。体組成計に乗るだけで測定者の判定が可能です。

iOSヘルスケアやAndroidのGoogle fitと連携して、体組成データと他の健康データを一括で管理できます。


multifun

体組成計の測定結果はアプリに記録しましょう

Wi-Fiによるスマホ連携が可能な体組成計について解説しました。体組成計はWi-FiやBluetoothによってスマホと連携することで、体組成計で計測を行うだけでデータが自動転送されること、測定データをグラフで確認できることなど、体組成数値を管理する際に非常に便利です。

また、体組成計に対応している専用アプリをダウンロードして使用することで、毎日の体組成測定のモチベーションキープに活かせます。アプリでは、単に測定結果がアプリ内に表示されるだけでなく、ゲームやストーリーに合わせて自身の体組成データを管理できます。

Wi-Fiによるスマホ連携が可能なものを選択することで、測定の度にペアリングの手間がかからず、ストレス無く体組成計測を継続できます。Wi-Fiでのスマホ連携が可能な体組成計を使用して、自身の健康資産の形成に活用していきましょう。

© 2021 ヘルスハッカー