正確性の高い体組成計とは?精度の高いおすすめ体組成計と測定のポイント

体組成計を利用してできるだけ正確な体組成データを知るための方法をお教えします。正確性の高い測定結果を得られる体組成計とはどのようなものなのでしょうか。

また、精度の高い計測を行うための測定時の注意点も解説します。

おすすめの体組成計もご紹介しますので、自身の体を知る際に体組成計を上手に活用していきましょう。

精度が高く正確な体組成計を手にする女性

 

正確な体組成測定を行う必要性とは

体組成をより正確な数値で測定する必要はあるのでしょうか。以下に体組成測定の目的と正確性の高い体組成計の仕組みをお教えします。

体組成測定の目的

まずは、体組成測定の目的を解説します。そもそも何故体組成を測定する必要があるのでしょうか。

健康管理

体組成測定は、自身の健康を管理するのに活かせます。

体は大きく分けて「脂肪」「筋肉」「骨」「水分」の4成分から成っており、体組成測定を行うことでこれらの割合を測定できます。

継続的に体組成測定を行うことで病気やその予兆が表れる前に自身の体調の変化に気付け、自身の健康管理に活かせます。

ダイエット

ダイエットを行う際には、体組成測定を行い、体脂肪率の数値が分かることで筋肉量を高めるよう意識できます。

筋肉量を高め、体脂肪率を下げることで、健康的なダイエットが行えます。

体組成計では、体脂肪率や筋肉量などを測定でき、それらの数値が分かることで、効率的で健康的なダイエットに活用できます。

トレーニング

体組成の測定は、スポーツなどのトレーニングの際に有効になることがあります。

体組成計の多くは、筋肉量の測定が可能です。トレーニングによって付いた筋肉の量や、体脂肪測定によってもともと付いていた体脂肪が減ったかどうかを確認できます。

測定結果を活かして、自身に最適な今後のトレーニングを判断する際に参考にできます。

 

正確性の高い体組成測定の仕組み

ここからは、正確性の高い体組成計の仕組みを解説します。体組成計はどのようにして精度の高い測定結果を計測できているのでしょうか。

測定可能項目

体組成計では、主に以下の7項目を測定することができます。

  1. 体重
  2. 体脂肪率
  3. 基礎代謝
  4. BMI
  5. 内臓脂肪レベル
  6. 骨量
  7. 体水分量

これらは全て体組成の項目です。体組成計の機器によっては測定不可能なものもありますので、利用開始前にきちんと確認することが大切です。

生体インピーダンス法

測定時に体に微量の電流を流すことで、体組成を測定する方法です。

現在販売されている多くの体組成計では、この「生体インピーダンス法」が採用されています。

この方法は、筋肉の方が脂肪よりも電流が流れやすいことを利用して、体組成が測定される仕組みです。

 

より高精度な測定結果を得るための技術

多くの体組成計では現在、生体インピーダンス法が利用されていますが、他にも様々な体組成測定技術があります。以下に数種類、体組成測定の最新技術をご紹介します。

マルチ周波数測定

体に流す電流の周波数の違いから、生体組織の細胞の詳しい情報を得る方法です。測定方法が異なることで、測定精度の違いに直接影響があります。

リアクタンステクノロジー

細胞の構成を利用して、電気を流すことで細胞内液・外液と細胞膜の情報を得て、より詳細な体組成測定の結果が得られる方法です。

部位別測定

部位別測定とは、両腕・両脚などの体の部位別に体組成を測定できる機能です。

部位別測定が可能になることで、例えばトレーニングの際に筋肉量が両腕・両脚で違うことが分かり、今後のトレーニングに活かせます。

筋質測定

体組成計によっては、筋肉の質を示す筋質測定が行えます。

トレーニングの際に、筋肉の量だけでなく、筋肉の質を測ることができることで、質の高いトレーニングが行えているのか、見かけだけの筋肉となっていないかなどが分かります。

MBA判定

MBA判定とは、1,000人を超えるアスリートデータと、筋肉の質やつき方のバランスを比較して、筋肉特性を判断できる機能です。

測定者の筋肉がどれくらいアスリートの筋肉特性に近いかを4つのタイプに分けて判定できます。

 

正確性の高いおすすめの体組成計とは

ここからは、測定結果の正確性が高い体組成計をご紹介します。また、実際に体組成計を購入する前に知りたい、体組成計選びのポイントも解説しますので、きちんと確認しておきましょう。

体組成計の選び方

まずは体組成計の選び方を説明します。体組成計はどのポイントに着目して選んでいけばよいのでしょうか。

スマホ連携

体組成計選びを行う際には、体組成計とスマホが連携可能であるかを確認することが大切です。

スマホ連携を行うことで、体組成計にて計測した自身の体組成数値を継続的に記録できます。

過去のデータと比較して自身の今後の健康管理などをどのように行っていくべきかが分かります。

最新技術の使用

体組成計に最新技術が使用されているかどうかも非常に重要な点です。

部位別測定や筋質測定など、最新技術が搭載されている体組成計を使用することで、自身の体についてより詳しく知ることができ、正確な数値を計測することが可能となります。

 

業務用体組成計の利用

正確な体組成数値を計測するためには、業務用の体組成計を利用する方法があります。

業務用の体組成計は、医療機関などで専門的な分析を行うために製作されているため、個人・一般用と比較すると精度の高いものが多くなっています。ジムなどに置いてあることもあるので、利用してみてもよいでしょう。

 

個人用おすすめの体組成計

おすすめの個人用の体組成計を8種類ご紹介します。それぞれの特徴や価格、スマホと連携して便利に体組成数値の管理を行えるかを解説します。

 

JouleLife(ジュールライフ):JL-102

項目対応
スマホ連携○(Bluetooth連携)
価格月額480円(税込)
測定項目数8項目
登録人数無制限
最大測定重量150kg

JouleLife(ジュールライフ) JL-102

JL-102の元々の商品価値は1万円以上するものですが、それを月額480円のサブスクで気軽に利用でき、オンランダイエット相談や永年保証サービスなどの関連サービスも受けられます。

1年使うと体組成計は自分のものになり、自分に合わない場合は、期間縛りなどなくいつでもやめられるので損することがありません。

10年近くヘルスケアサービスを提供している国内企業なので、タニタやオムロンと同様に安心感が持てます。アプリ機能もかなり充実しています。

 

TANITA(タニタ):BC-768

項目対応
スマホ連携○(Bluetooth連携)
価格オープン価格(税込15,000~24,000円)
測定項目数8項目
登録人数5人
最大測定重量150kg

BC-768

TANITA(タニタ)の特徴は、iPhoneとAndroidの両対応と測定データのグラフ化です。

体組成計の中には、Androidに対応していない機器もありますが、こちらのTANITAのBC-768はAndroidとiPhoneの両方に対応しています。

BC-768は、TANITAのHealth Planetアプリと連携しデータを記録します。Health Planetでは、記録したデータがグラフ化され、グラフの表示項目や期間を自由にカスタマイズできます。そのため、ダイエットやトレーニングなど、目的に応じてグラフを変更することが可能です。

 

TANITA(タニタ):innerscanDUAL907

項目対応
スマホ連携○(Bluetooth連携)
価格26,784円(税込)
測定項目数10項目
登録人数4人
最大測定重量180kg

innerscanDUAL907

TANITA(タニタ)のinnerscanDUAL907の特徴は、測定項目数と対応アプリのラインナップです。

innerscanDUAL907では、基本の8項目に加えて筋肉点数と体内年齢を測定することができます。筋肉点数とは、筋肉の状態をレベル化したものであり、筋肉量だけでなく筋肉の質も測定できる項目です。

さらに、TANITAのBC-508の対応アプリがHealth Planetのみであるのに対して、innerscanDUAL907はHealth Planetに加えて5つのアプリに対応しています。累計100万ダウンロードを超える人気アプリで、ゲームキャラと一緒にダイエットができる「シェイプアップ応援ゲームねんしょう!for Girls」にも対応しています。

 

OMRON(オムロン):HBF-230T

項目対応
スマホ連携○(Bluetooth連携)
価格10,886円(税込)
測定項目数7項目
登録人数4人
最大測定重量135kg


HBF-230T

OMRON(オムロン)のHBF-230Tの特徴は、スタイリッシュな薄型設計と子どもアルゴリズムです。

HBF-230Tのデザインは、薄型かつスタイリッシュなデザインとなっています。そのため、狭いスペースに収納でき、部屋のデザインやインテリアの邪魔になりません。

また、子どもアルゴリズムが搭載されていることも特徴です。子どもアルゴリズムとは、子どもの体に応じた計測アルゴリズムであり、6歳から測定可能です。子どもの肥満予防として、使えます。

 

multifun

項目対応
スマホ連携○(Bluetooth連携)
価格3,299円
測定項目数8項目
登録人数無制限
最大測定重量180kg



multifun

multifunの特徴は、AppleのヘルスケアやGoogle Fitなど、複数のアプリに連携ができることです。

multifunは、メーカー独自のアプリも配信していますが、そのアプリに加えてAppleのヘルスケアやGoogle Fit、Fitbitにも連携することができます。登録人数も無制限のため、iPhoneとAndroidのユーザーで1つの体組成計を利用できます。

なお、multifunは公式サイトがないため、購入する場合はAmazonなどを利用する必要があります。

 

RENPHO

項目対応
スマホ連携○(Bluetooth連携)
価格2,780円
測定項目数13項目
登録人数無制限
最大測定重量180kg


RENPHO

RENPHOの特徴は、アスリートモードが使えることです。

普段から運動をしている方は、一般成人に比べて、筋肉量も多く、骨格も太いという傾向がみられるため、その点を補正する設定が利用できます。

また、コンパクトなデザインとなっているため、収納場所に困りません。コンパクトでありながらも、高性能であり、4つの高精度センサーで即座に体組成を測定します。

 

EnacFire

項目対応
スマホ連携○(Bluetooth連携)
価格2,622円
測定項目数11項目
登録人数無制限
最大測定重量180kg



EnacFire

EnacFireの特徴は、リチウム電池を搭載したUSBでの充電方式です。一回のフル充電で3ヶ月以上は使えます。使い捨て電池が不要なので環境にも優しいです。

日本語の取扱説明書が付いてきますが、国内メーカーではないため、アプリの日本語表記が不自然な部分がいくつかあります。

 

EASEHOLD

項目対応
スマホ連携○(Bluetooth連携)
価格2,780円
測定項目数18項目
登録人数8人
最大測定重量記載なし

EASEHOLD

EASEHOLDの特徴は、赤ちゃんやペットも測定できることです。赤ちゃんやペットを抱いて計測でき、最大で8人のデータを登録できます。厚さは2cmながらも、天板に強化ガラスを使用しているため、薄型ながらもしっかりとした耐久性があります。

EASEHOLDも中国メーカーのため、アプリや説明書の日本語表記が不明な部分があります。

 

たくさんあって迷った時はとりあえずこれ!

上記でも紹介しましたが、迷ってしまって決められない場合のおすすめはズバリJouleLife(ジュールライフ)の体組成計です。


JouleLife(ジュールライフ) JL-102

  • 月480円で気軽に始められる
  • 1年使えば体組成計は自分のものになる
  • 使いこなせなかったり自分に合わない場合はいつでもやめられる
  • 特典やサポートが充実している
  • 国内ヘルスケア企業という安心感
  • アプリの使い勝手も良好

ダイエットや健康管理を目的に体組成計を使ってみようと考えたのであれば、このJL-102で始めるのが一番安心で間違いがありません。

 

業務用おすすめ体組成計

ここからは、業務用の体組成計をご紹介します。より精度の高い体組成測定を行う場合には業務用の体組成計の測定技術を活用することも効果的です。

LiveAid CO.,LTD.:DF-851・860K

ヘルスケア業界で、様々なサービスを提供する、ライブエイドの体組成計です。15秒で体組成測定を完了できます。

項目対応
スマホ連携非対応
価格-
測定項目数8項目
計量範囲〜150kg

細胞外と細胞内を分けて測定できる、「多周波測定方式」という測定方法が用いられ、より正確な身体情報を得られます。また、体の8箇所に電極を用いて測定することで、部位別測定として両腕・両脚それぞれの体組成の計測も可能です。

測定結果が紙にプリントアウトされ、一覧で自身の測定結果を確認できます。平均体重との比較値も記載されるため、測定後に自身の位置付けが分かります。

高精度型体組成計(ライブエイド公式サイト)

 

TANITA(タニタ):タニタ業務用マルチ周波数体組成計 MC-980A plus

TANITA(タニタ)の業務用体組成計です。

項目対応
スマホ連携非対応
価格希望小売価格:2,000,000円(税抜)
測定項目数15項目以上
計量範囲0〜300kg

計測範囲が300kgまでと非常に範囲が広くなっています。6種類の周波数を使用した測定方法で、高精度な体組成測定が行えます。

測定項目については15項目以上と非常に詳細な項目まで測定できます。主な体組成計の測定項目はもちろん、体型測定、アスリート指数、脂肪量など様々な項目ごとに非常に詳しい数値を計測できます。脚部の筋肉量を部位別に判定して点数をつける機能もあります。

MC-980A plus (プレミアムゴールドメタリック) (タニタ公式サイト)

 

株式会社神戸メディケア:インボディ720

医療研究の分野でも活用されている非常に高精度な測定結果が得られる体組成計です。

項目対応
スマホ連携非対応
価格-
測定項目数15項目以上
計量範囲0〜250kg

測定項目は15を超え、ウエストヒップ比や身体強度なども計測できます。測定方法はインピーダンス法が採用され、体の8箇所の電極から電流を流すことで部位別測定や詳細な測定が可能となっています。部位別測定は両腕・両脚に加えて体幹を計測できます。

計測後には測定結果が紙になってプリントアウトされ、栄養評価や体脂肪バランス等も知ることができます。

世界特許で保護されている高い技術が売りの体組成計です。

 

OMRON(オムロン):体重体組成計HBF-702T

両手と両足で測定するタイプの体重体組成計です。

項目対応
スマホ連携非対応
価格26,784円(税込)
測定項目数8項目
計量範囲0〜135kg

測定開始から約11秒で体重と全身の体組成測定を完了できます。測定項目については、体脂肪率や体重などの主要測定項目はもちろん、体内年齢の判定も行えます。

部位別測定は皮下脂肪骨格筋率に関して測定可能で、体幹・両腕・両足の部位を計測できます。


HBF-702T

 

体組成計の測定結果の正確さとは

体組成計の測定結果の正確さについて説明します。従来に比べて測定技術は大きく進歩し、最新技術が沢山用いられている体組成計ですが、実際の測定値は正確なのでしょうか。

体組成計の測定結果は正確ではない

体組成計の測定結果は必ずしも正確ではありません。最新技術によって従来よりも精度が向上し、体脂肪率測定などは非常に詳細に確認できるようになっていますが、様々な影響を受けて測定結果は数値がぶれる可能性があります。

体重計についても同様に測定結果がおかしい場合があります。

 

体組成測定結果の変動要因

体組成計の測定結果はなぜ変動するのでしょうか。以下に体組成計の測定結果が変動する要因を4点お教えします。

体水分量の変化

変動要因の1点目は、体水分量の変化です。体水分量とは、人間の体内に占める水分量のことです。

生体インピーダンス法による測定が多い体組成計では、体内に電流を流すことで筋肉と脂肪の電流の流れやすさの違いから体組成が計測されます。そのため、体水分量が変化することで計測数値に影響を及ぼす可能性があります。

体温の変化

体温変化によって体内の水分量が変化することで体組成計の測定結果が異なる可能性があります。

体温変化とは、例えば運動後やサウナの後などが該当し、発汗などによって体水分量が変化することなどがあります。測定結果の信頼度に大きく関わりますので、測定時の自身の状態はできるだけ同じにすることが大切です。

体組成計の使用場所

体組成計は平らな場所で測定することが大切です。これは単に平らなだけでなく、硬い場所で安定した状態で測定する必要があります。

柔らかい床では正しく測定できないため、クッション等の上で測定することで測定結果が左右される可能性があります。

体組成計の機種

測定結果が左右される要因の4点目に、測定方法の違いがあります。

例えば、上述の業務用体組成計では「マルチ周波数測定」という方法で、体に流す電流の周波数の違いから、生体組織の細胞の詳しい情報を得る方法を採用しているものがあります。しかし個人用体組成計では、生体インピーダンス法による簡単な測定しか行われません。

このように、測定方法が細かく異なることで、測定精度の違いに直接影響があります。

 

体組成計の測定結果を鵜呑みにしないことが大切

体組成計の測定結果は、測定環境によって数値が違う可能性があり、結果を過信しないことが重要です。自身の健康管理の際の参考程度にしておくことが大切です。

 

できるだけ正確性の高い測定結果を得るための測定方法

ここからは、体組成計を使用して、内臓脂肪レベルや基礎代謝などをできるだけ正確に知るための測定方法をご紹介します。実際に体組成計を使用して体組成測定を行う際に非常に重要なポイントですので、きちんと確認しておきましょう。

入浴前の体組成測定がベスト

体組成測定は、入浴前に測定の最適なタイミングです。

体組成測定は、体水分量と体温の変化に影響を受けて測定結果が左右されることとなります。そのため、体内の水分の状態が安定していることが多いタイミングである入浴前がベストと言われています。

これは、食後すぐに入浴する可能性が低いこと、できるだけ軽い状態での計測が望ましいことで、入浴前であれば衣類を着用しないタイミングであるためです。

50g単位での測定が可能な体組成計を選ぶ

50g単位での計測が可能な体組成計を選択することで、より詳細な測定結果を得ることができます。自身の体の小さな変化に気付け、非常に便利です。

水平な場所で計測

体組成計は硬く平らな場所で測定することが大切です。

測定結果は測定状況に大きく左右されることとなります。そのため、きちんと数値が測定できる場所で体組成測定を行うことが重要です。

 

正確性の高い体組成計を使用して、測定結果を自身の健康管理の参考にしていきましょう

体組成計での正確な体組成測定について解説しました。できるだけ正確な数値を体組成計で測定することで、自身の健康管理やダイエット、トレーニングの際に効率的に測定結果を活かせます。

さらに、正確性の高い体組成計の選び方と実際に正確性の高い測定結果を得られる体組成計をご紹介しました。選び方のポイントは、これから体組成計を選ぶ際に非常に重要ですので、きちんと理解して自身に最適な体組成計を選ぶことが大切です。

正確な測定結果を得るためには、体組成計選びはもちろん、測定時の状況も非常に重要となります。そのため、測定時の注意点と測定に最適なタイミングも解説しました。自身に合った体組成を選んで、より正確な体組成数値を知ることができるようにしましょう。

 

© 2021 ヘルスハッカー