今さら聞けないスーパーフード!主なスーパーフードとその栄養成分をご紹介!

こんにちは!JouleLifeヘルスコーチ、管理栄養士の山本奈津子です。

スーパーフードと聞くと身体に良い食べ物なんだろうなというのはわかるけど、結局何なのかわからない...

今さら聞けないスーパーフードのほんの一部をご紹介します。

 

スーパーフードとは

実はスーパーフードには明確な定義はないのですが、一般社団法人日本スーパーフード協会では次のように定義しています。

「栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること」

「一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ」

スーパーフードは、加工されたサプリメントには抵抗があるけど普段の食事から摂りきられない栄養素を補いたい方にピッタリですね。

 

良く聞くスーパーフード

ここからは、スーパーフードとして名前は聞いたことあるけど何に良いの?という食品を紹介します。

ご自分にあったスーパーフードをぜひ見つけてみてください。

 

アサイー

ハワイのアサイーボウルで有名なアサイーは、ポリフェノールが豊富で美肌・美白、アンチエイジング効果が期待でき、女性に不足しがちな鉄分も豊富です。

比較的手に入りやすいため、手軽に取り入れられるスーパーフードの1つです。

 

カカオ

チョコレートの原料であるカカオは自律神経を整え、リラックス効果をもたらすテオブロミンが豊富なため、集中したいときやリラックスしたいときに摂るのがおすすめです。

 

カムカム

カムカムはビタミンCがレモンの50~80倍も含まれ、野菜・果物の中でトップクラスの含有量です。

ビタミンCは抗酸化作用があり、コラーゲンの生成を促進させるため、美肌・美白、アンチエイジングに期待できます。

カムカムのお菓子もありますが、余計なものが多く入っているものもあるため注意が必要です。

 

クコの実

クコの実は杏仁豆腐の上にのっている赤いものというイメージですが、β-システロールという成分が含まれており、体内のコレステロールを下げ、ダイエットや生活習慣病の予防に役立ちます。

 

スピルリナ

必須アミノ酸9種をすべて含んでいるため、効率良くたんぱく質摂取ができます。

またβカロテンも豊富なため、食事が炭水化物過多になりがちな方におすすめです。

 

チアシード

チアシードは10倍以上の水分を吸ってジェル状になる性質があるため、食欲を抑えてくれたり、便秘解消に効果があります。

また、食事から摂りにくいオメガ3脂肪酸も豊富です。

 

ブロッコリースーパースプラウト

最近ではスーパーでも見かけるブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウトは身体の抗酸化作用高める働きのスルフォラファンという成分が豊富なので美肌・美白、アンチエイジング効果が期待できます。

© 2021 ヘルスハッカー