夏の体調不良をケアして秋冬に備えよう!

梨やぶどうなど果物の美味しい季節ですね。

果物に含まれるカリウムは夏に溜まった老廃物排泄に役立ちます。

夏の暑さによる運動不足や、かき氷、アイスクリーム、冷麺やそうめんなど冷たいものが多くなってしまう食習慣など、夏の暑さによる食&運動習慣の変化により、筋肉量が減り、内臓が弱り、身体がむくみやすい状態になっていませんか?

むくみやすい状態を改善するためには、まずは体内に溜まった老廃物を排出すること。

そして、温かく消化がよく栄養のあるものを食べ、内臓を元気にすることが大切です。

むくみが気になるときは、塩分の摂りすぎに注意をし、カリウムを多く含む野菜や果物をたっぷり食べるようにしましょう。

窮屈な下着などをつけないこと、同じ姿勢を長時間続けないことなども大切です。

 

カリウムを多く含む食材

海藻、ほうれん草、モロヘイヤ、里芋、アボカド、そら豆、バナナ、梨、大豆製品

特に海藻はむくみ改善に効果的です。

カリウムも多く含む海藻ですが、食物繊維の一種であるアルギン酸を含んでいて、このアルギン酸がカリウムとナトリウムのバランス調整に役立ちます。

カロリーも低く食物繊維も豊富なのでダイエットにも良いですね。

果物は果糖が多く含まれているので、食べ過ぎには注意しましょう。

 

むくみが気になるときに控えたい食品

チーズ、練り物、汁物、インスタント食品、漬物、ひものなど塩分の多いもの。

また、調味料(ソースやドレッシング)の使いすぎにも注意。

 

冷えにも要注意

冷えもむくみの原因のひとつです。

夏は冷房のきいた場所で過ごすことや、ノースリーブの服で肩を出すなど、冷えやすい季節でもあるのです。

秋冬を迎える前に、冷えやむくみに強い身体づくりを心がけましょう。

冷えを改善するためには、できるだけ温かいものを食べるようにする、冷たい飲み物を飲まないというのが基本です。

消化に良い食べ物を選ぶこと、たんぱく質を摂取し、適度な運動を取り入れ体力をつけることも意識しましょう。

 

身体を温める食材

生姜、根菜(里芋、さつまいも、レンコン、ごぼう)、玉ねぎ、ネギ、ニラ、ニンニク、人参、白湯、はちみつ

 

身体を冷やすもの

冷たいもの、トマト、ナス、うり、コーヒー、緑茶

食事は筑前煮、飲みものはコーヒーや緑茶ではなく、紅茶やほうじ茶がオススメです。

秋は、美味しい果物や根菜など、夏の疲れた胃腸をケアしてくれる食材が豊富です。旬の食材で、身体をケアしましょう。

 

 

© 2022 ヘルスハッカー