タレが決め手!「湯豆腐」をさらに美味しく!塩麹ポン酢の湯豆腐!

 

こんにちは!JouleLifeヘルスコーチ、管理栄養士の山本奈津子です。

1月も終わりが近づいて寒さもいよいよ厳しい季節ですが、免疫力を落とさないようにしっかり食べつつ運動と休息に気を使いましょう。

 

塩麹ポン酢の湯豆腐

寒い冬のビタミンC補給といえば「柑橘」。

鍋料理やおせち料理などの風味づけに欠かせない「ゆず」は、抗酸化作用に優れたビタミンCや疲労回復効果が期待できるクエン酸を含みます。

また、柑橘の香りは血行促進効果もあり、寒い冬にはぴったりの食材ですね。

今回は、塩麹とゆずを合わせたポン酢をご紹介しますので、一味違った湯豆腐をお楽しみください。

 

材料(2人分)

塩麹ポン酢
塩麹   100cc
ゆず果汁 100cc
昆布   1かけ

湯豆腐
豆腐  1丁
ねぎ  1/2本
昆布  適量
塩麹ポン酢  適量
ゆずの皮   適量

 

作り方

1、塩麹ポン酢を作る。ゆずは皮のきれいな部分を剥いて千切りにする。果汁は絞る。

 

2、塩麹ポン酢の材料を保存瓶などに入れ、冷蔵庫で3日〜1週間程度置く。(置いたほうが旨味が出て美味しいが、すぐにでも食べられる)

 

3、鍋に昆布とひと口大に切った豆腐、ねぎ、を入れ水をはり火にかけ沸騰したら弱火にする。

 

4、豆腐とねぎを器にとり、好みで塩麹ポン酢とゆずの皮をかける。

 

塩麹のまろやかな自然の旨味とゆずのさっぱりとした口当たりがお豆腐の美味しさを引き立てます♪

 

© 2021 ヘルスハッカー