ササッと定番小鉢サラダ!生わかめと新玉ねぎの梅味噌あえ!

 

こんにちは!JouleLifeヘルスコーチ、管理栄養士の山本奈津子です。

今回のレシピは、春先が旬の生ワカメと新タマネギを使った一品。

つるんと口あたりのよい生わかめに、シャキシャキして甘い新玉ねぎが相性抜群のレシピです。

 

生わかめと新玉ねぎの梅味噌あえ

 

生わかめは2月〜4月が旬。鮮やかな色と歯応えは乾燥わかめでは味わえませんのでぜひ今の時期のお楽しみください。

わかめには、アルギン酸やフコイダンなどの食物繊維が豊富に含まれています。

また、カルシウムやマグネシウム、カリウムなどのミネラルも豊富!

新玉ねぎは甘くて水分も多いので生で食べるのがおすすめです。

生で食べることで血流を促すとされる硫化アリルや、ビタミンCなども摂取できます。

 

材料2人分

生わかめ 200g
新玉ねぎ 1/2

A
梅干し 1個
味噌  大さじ1
酢   小さじ1
砂糖  小さじ1

 

作り方

1、生わかめは水洗いし、沸騰した湯に入れ、鮮やかな緑色になったら冷水にとる。水気を絞り、食べやすい大きさに切る。

 

2、新玉ねぎは薄くスライスして15分程度水にさらす。

 

3、Aの材料をボウルに入れてよく混ぜる。

 

4、水気をしっかり絞った1と2をボウルに入れ、3を加えて和える。

 

ディナーの箸休めに、食欲のない朝のとりあえずに、おさけのオツマミに、簡単大活躍です♪

© 2021 ヘルスハッカー