カリカリ食感で絶品!鶏もも肉の青じそアーモンド焼き!

 

こんにちは!JouleLifeヘルスコーチ、管理栄養士の山本奈津子です。

暑くなってきて雨の日も多くなってきましたね。今回のレシピはそんな季節に合う一品です。

 

鶏もも肉の青じそアーモンド焼き

6月ごろ〜夏にかけて旬を迎える青じそは、爽やかな風味がジメジメする梅雨や暑い時期にぴったりです。

ベータカロテンやビタミンEなど抗酸化作用に優れた栄養素が豊富で、爽やかな香り成分には、抗菌効果、胃腸の活性化などの作用があります。

また、青じそは和食のイメージがありますが、洋風の料理にもよく合います。

一方、アーモンドには抗酸化作用のあるビタミンE、腸の調子を整える食物繊維が豊富です。

夏バテ予防にもおすすめのメニューです♪

 

材料(1人分)

鶏もも肉  1枚(200g程度)
塩     少々
白ワイン  大さじ1

A
青じそ     10枚
アーモンド   20g
にんにく       1/2かけ
オリーブオイル 大さじ1
塩       小さじ1/2

 

作り方

1、鶏もも肉はフォークで数カ所穴を開け、塩と白ワインをまぶし、冷蔵庫で15分程度置く。

 

2、Aはフードプロセッサーにかける。

 

3、フライパンを熱し、1の鶏肉を皮面から入れ焼き色をつけ、出てきた油は拭き取る。

 

4、200℃に温めたオーブンの中に、ペーストにしたAを乗せた3をおいて約20分焼く。

 

5、盛り付けて出来上がり。

 

カリカリ食感を楽しみながらジューシーなお肉が食べられる美味しい一品です♪

ぜひお試しください!

 

© 2021 ヘルスハッカー